• メール
  • ログイン
  • カート
  • メニュー

平日12:00までのご注文で当日発送(最短翌日着)※一部商品を除く

平日12:00までのご注文で当日発送(最短翌日着)※一部商品を除く

 

なんで植替えが必要なの?

水苔の植替え方法

植替えは花を咲かせるため、根や葉を健康に元気に育てるためにとても大切です。
また水苔が古く黒ずんでいたり、カビが生えていたり、気づかずに悪い環境で胡蝶蘭の苗を育てている場合もあるので気を付けて見てみましょう。

根や植替え資材(水苔・バーク等)が傷んでいる場合は「植替え」を、大丈夫な場合は「※鉢増し」を行いましょう。



植替えの頻度はどのくらい?

水苔の植替え方法2

2~3年に1度くらいがおすすめです。
植替えは気をつけて作業をしても、どうしても株がダメージを受けるものです。そのダメージからの回復に1年近くかかるので、頻繁な植替えは株の体力が落ち、花が咲かなくなってしまうので控えましょう。

株、水苔、バーク等の傷み具合も植替えするかどうかの目安です。



植替えの時期はいつがいい?

水苔の植替え方法3

蘭は寒さに弱い植物ですので、冬の植替えは避けましょう。
寒い冬は成長をとめて暖かくなるのに備え、栄養を蓄える時期です。しっかり休眠をしないといけない時期に株にダメージを与えたり、回復するために体力を使うと、とても負担がかかってしまいます。

そのため、暖かくなりはじめる春に植替えをしましょう。



植え替え資材と鉢のメリット・デメリット

水苔+素焼き鉢

水苔の植替え方法4
なんで水苔には素焼き鉢がいいのか?

水苔はとても保湿性が高いので、鉢は通気性の高い素焼き鉢を使用します。水苔でプラスチック鉢やポリポット等、通気性のない鉢に植えますと根腐れの原因になりますのでご注意ください。


メリット
  • ●水苔が保湿性が高いので水やりの頻度が少なくてすみます。
  • ●バークに比べ、比較的安く入手できます。

デメリット
  • ●水苔自体が腐りやすいので注意が必要です。
  • ●乾燥水苔は水に戻すのに時間がかかります。
  • ●バークに比べ、植替えるのにコツが必要です。


バーク+プラスチック鉢

水苔の植替え方法5
なんでバークにはプラスチック鉢がいいのか?

水苔とは逆にバークは通気性がいいので、プラスチックの鉢を利用して湿度を保てるようにします。


メリット
  • ●バークは水苔に比べ、腐りづらいので植替え頻度が少なくてすみます。また根腐れしづらいです。
  • ●自生する胡蝶蘭は木に着生しているので、自然に近い状態で栽培できます。
  • ●土と同じように植えられるので、水苔に比べ簡単に植替えられます。

デメリット
  • ●水苔に比べ、鉢の中の乾き具合が分かりづらいです。
  • ●通気性がいいため、夏場は水切れしやすくなるので注意が必要です。




詳しい植え替え手順など、黒臼洋蘭園ホームページにてご覧ください。

黒臼洋蘭園ホームページへ >



表示切替: 並び順:
2件中1件~2件を表示
2件中1件~2件を表示

FAXでも注文OK
新規会員登録キャンペーン
胡蝶蘭花束
胡蝶蘭アレンジメント
右肩上がりの胡蝶蘭
特注胡蝶蘭
夜のお店のお祝いに胡蝶蘭
胡蝶蘭スタンド花
胡蝶蘭の大量注文
彩華のワルツ化粧品

私たちが栽培しています

新着商品

敬老の日アレンジ
よくある質問
お客様の声
<strong>黒臼洋蘭園 受賞歴</strong>
<strong>胡蝶蘭の成長と商品化になるまで</strong>


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【営業時間】9:00-17:00

【定休日】日・祝日、夏期(8月中旬お盆時期)、年末年始

※インターネットからのご注文は定休日でも24時間受け付けております。

ページトップへ